レクサス LS460  USF40 燃料漏れ・クーラント漏れ修理

レクサス LS460 ガソリン臭いとの事で入庫しました。

場所はインテークマニホールド下にある高圧側のフューエルラインに付いているプレッシャーセンサーでした。

平成22年まではリコール対象になっていたのですが、入庫した車は平成24年式で対策済みのはずが、手で緩むくらいしか閉まっておりませんでした。

しかも、プレッシャーセンサーのガスケットだけ出ておらず、フューエルラインASSY供給になるそうです。(怒)

お客様の予算もありますので、プレッシャーセンサーのガスケットは汎用品のガスケットに交換し、再度振動などで緩まぬ様、強硬度のロックタイトで締めなおし。

燃料漏れのせいでヒートエクスチェンジャー部分のシールパッキンがふやけて、クーラントも漏れております。

固まったクーラントは掃除機で吸い取っていきます。

ヒートエクスチェンジャーを取り付ける部分はシールパッキンを剥がし、ねじ山部分もタップをかけてパッキンを取っていきます。

レクサス・トヨタあるあるの作業ですが、部品の組付けも厄介で触るとコネクターがボロボロに崩れていきます。

タイラップなどで固定し、組付け完了。いざエンジンを掛けると、チェックランプが点灯。

調べると、コネクターから配線がすっぽ抜ける箇所が、3本ほどあり、半田で付け直しながら、作業は終了です。

燃料漏れ・クーラント漏れの修理だけなのですが、バラしていく際の2次災害が多い車でした。

 

 

GARAGE.M

埼玉県上尾原市1059-1

TEL 048-731-9991  FAX 048-611-9298

メールアドレス mail@garage-m.info

  • Instagram