メルセデスベンツ C55 W203  ヘッドライトユニット分解修理・配線加工

メルセデスベンツ C55 AMG ヘッドライトユニット配線加工です。

W203やR230のヘッドライトユニットは、配線の被覆がボロボロになり配線がむき出しになっている車両をよく見ます。

その為、ビニールテープなどで応急処置などしてある車両が多いのですが、手が入らない場所は絶縁できず、ショートしたままになっており、球は替えたが点灯しない・チカチカするなどの故障に見舞われます。ランプが点灯しなければ車検に通りませんので、ディーラーなどであればユニット交換になってしまいます。(部品代、片側だけで数十万円コース)

ヘッドライトを分解した写真です。左が引き直し前です。配線を曲げると被覆がボロボロと取れていきますので、走行中の振動で被覆が取れていったと思われます。

一本一本、配線をカット・引き直しを行っていきます。

分解した際に外したレンズは内側・外側も磨いていますので、見た目のクリア感や光度も上がります。

これから中古車などで購入する際は、バルブ交換用の蓋がありますので、ヘッドライトの中を一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

GARAGE.M

埼玉県上尾市原市1061-1

TEL 048-731-9991

FAX 048-611-9298 

メールアドレス mail@garage-m.info

  • Instagram